日本で最も使われている番組表アプリ。まだの人は今すぐDL!
利用規約

Gガイド番組表利用規約


第1条(サービス)

  • 『Gガイド番組表』は、米Rovi Corporationが知的財産権を保有する電子番組表(EPG)技術「G-GUIDE」をベースに、(株)インタラクティブ・プログラム・ガイド(以下「サービス主体」と記載)が「Gガイドモバイル利用規約(以下本規約)」に基づき提供する以下を主な内容としたサービス(以下本サービス)です。
  • ・サービス主体が日本国内において携帯電話向けに運用する固定テレビ向け番組表の提供
  • ・家庭用HDDレコーダまたはそれに類する機器(以下、対応機器)へのリモート(録画・視聴)予約機能等(Gガイド番組表・リモート録画予約サービスに対応する機器が必要です)

第2条(利用料)

  • 本サービスの利用料は無料となります。ただし、サービス提供上パケット通信が適宜発生し、その接続料およびパケット通信料は別途必要です。海外からのローミング通信についてはご留意ください。

第3条(禁止事項)

  • 1.本サービスのご利用にあたり、ユーザは以下の行為を行わないものとします。
  • (1)サービス主体およびその関係会社、その他あらゆる人物や組織を装ったり、またそれらと提携関係にあると偽ったりそれらを他者(サービス主体を含み、以下同じ)に誤解させるように伝える行為。
  • (2)特許権、実用新案権、商標権、意匠権、著作権、著作隣接権、肖像権、トレードシークレット、プライバシー、その他他者の権利、財産を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
  • (3)本サービスで提供される情報、著作物をユーザの個人的な利用目的以外で、複製・複写・改変・転載し他者に利用させたり、ネットワークの内外を問わず公衆に再提供したり、他者の権利を侵害する行為。
  • (4)他者を差別もしくは誹謗中傷し、または他者の名誉もしくは信用を毀損する行為。
  • (5)他者になりすまして本サービスを利用、もしくは他者になりすまして対応機器へアクセスする行為。
  • (6)有害なコンピュータプログラム、チェーンメール、スパムメール等を使用、送信、または他者が受信可能な状態におく、もしくは情報を改ざん、消去する行為。
  • (7)法律、法令、条例または公序良俗に違反、または違反するおそれのある行為。
  • (8)本サービスの運営を妨げるまたは妨げるおそれのあるような行為。
  • (9)前各号に定める行為を助長する行為。
  • (10)その他、サービス主体が不適切と判断する行為。
  • 2.ユーザが本規約に違反した場合には、本サービスの利用を予告なくお断りさせていただく場合がありますので、あらかじめご了承下さい。なお、サービス主体が情報を削除したり利用をお断りした場合であっても、ユーザの自己責任の原則を否定されませんので、ご注意下さい。
  • 3.ユーザが連続して3カ月以上本サービスのご利用を行わないときは、お客様に事前に通知することなく、お客様が本サービスにおいて保存された設定情報等を削除することが出来るものとします。
  • 4.ユーザは、本規約に基づく如何なる権利または義務も第三者に移転または譲渡出来ません。

第4条(免責事項)

  • 1.ユーザは、本規約を了解した上で、本サービスを自らの責任において利用することに同意するものとし、サービス主体、サービス主体の協業社(以下総称して「サービス主体関係各社」という)は、本サービスにおいて提供されるいかなる情報(映像、音声、文章等を含む。以下同じ)、物品、役務についても、その完全性、有用性、正確性、適用性、信頼性、安全性等についていかなる保証もしないものとします。また、サービス主体関係各社は、本サービスにおいて提供される情報の内容を編集、管理、削除等し、またはこれに必要な技術的な手段を提供する義務を一切負わないものとします。
  • 2.サービス主体関係各社は、ユーザが本サービスをご利用されたこと、もしくはご利用になれなかったことにより、ユーザまたは第三者に生じた一切の損害・損失・不利益に対し、いかなる責任も負わないものとし、直接、間接を問わず、その他一切の損害賠償をする義務は負わないものとします。
  • 3.本サービスのご利用によるユーザと第三者との間で生じた紛議は、当事者間で解決するものとし、サービス主体関係各社は一切の責任を負わないものとします。
  • 4.本サービスは、天変地異、携帯電話のネットワーク状態や通信環境等の状況によって、正常に作動しない場合があり、これによりユーザまたは他者の損害・損失・不利益が生じた場合も本条第2項と同様、サービス主体関係各社は一切の損害賠償をする義務はないものとします。
  • 5.番組は放送局の都合により変更されることがあります。また、表示される番組情報は実際の放送局の編成と異なる場合がございます。
    スカパー!、スカパー!プレミアムの番組情報は、放送事業者及びスカパーJSAT株式会社の都合により変更されることがあります。
  • 6.本サービスにおいて表示される広告などを選択することにより第三者が提供しているサービスに接続することが出来る場合がありますが、サービス主体および関係会社は、そこで提供されるサービス、情報、商品等について一切の保証を行いません。また、サービス主体は、当該サービスに起因してユーザまたは第三者に生じる一切の損害について、直接、間接問わず、一切の損害賠償責任を負いません。

第5条(外部接続)

  • 本サービスは、外部接続機能により第三者が提供しているサービスへ接続できる場合がありますが、サービス主体関係各社はそこで提供されるあらゆるサービス、対応、情報、広告、商品等について一切の保証、責任を負いません。また、それらに起因してユーザまたは第三者に生じたと考えられる一切の損害について直接、間接を問わず一切の損害賠償責任を負わないこととします。

第6条(プライバシーポリシー)

  • 1.個人情報の取扱い
  • (1)個人情報とは
  • 本プライバシーポリシーにおいて個人情報とは、本携帯サイト及びアプリを通じてユーザからご提供いただく氏名・住所・電話番号・メールアドレス・生年月日などにより、ユーザ個人を識別できる情報あるいはユーザ個人に固有の情報を意味します。
  • (2)個人情報の利用目的
  • サービス主体は、ユーザ個人を特定でき得る情報を、本サービスの提供によりユーザから収集することはありません。但し、以下の項目に該当する場合はその限りではないことにユーザは予め同意するものとします。原則として、本サービスの提供及びユーザからの問い合わせ対応のみに使用し、それ以外には利用しないものとします。
  • ・ユーザ問合せの際、原因究明のため、ユーザの利用状況の確認が必要な場合。
  • ・ユーザ自ら自己の氏名、住所、性別、年齢、メールアドレスその他の個人情報または履歴情報をサービス主体へ申し出た場合。
  • ・法令の規定に基づき、裁判所、警察、検察その他の国家機関またはこれに類する機関により、ユーザの個人情報の開示を求められた時。
  • (3)外部委託先の管理
  • サービス主体が保有する個人情報の取り扱いの全部または一部を外部に委託する場合には、個人情報を適切かつ安全に取り扱う事業者を厳正に選定し、秘密保持に関する契約を締結の上、外部委託先に対して適切な管理を行います。
  • 2.インフォマティブデータの取扱い
  • (1)インフォマティブデータとは
  • 性別や趣味等の個人に関する情報、クッキーに書き込まれた情報、IPアドレス情報、閲覧履歴や購買履歴をはじめとしたインターネットの利用にかかるログ情報等で、個人を特定することができないものをいいます。
  • (2)インフォマティブデータの利用目的
  • 各々のサービスの提供のために必要な情報を見極め、サービスの提供、サービスの改善またはサービスの充実のために必要でないインフォマティブデータの取得は行いません。
  • ・ユーザの年齢、居住地域、趣味・嗜好等に合わせて当社サービスのページ上の情報、サービスおよび広告配信のカスタマイズ(Webサイトまたはアプリを閲覧しているユーザに最適な広告を選択し、配信する、いわゆるターゲティング広告の配信が含まれます。これらはクッキーその他の技術が利用されています。)
  • ・本サービスの改善や新サービスの開発等への活用
  • ・本サービス利用状況の調査及び分析その他のマーケティング分析(個人を特定できないよう加工した分析結果を第三者へ提供する方法等によりマーケティングに活用することを含む)を行うため。
  • ・広告主への配信レポート、広告配信における不正判定または広告配信制御
  • ・リコメンドやコンテンツ配信制御
  • ・その他上記目的に準ずるか、これらに密接に関連する目的のため。
  • (3)インフォマティブデータの取得
  • サービス主体が提供するWebコンテンツやアプリを閲覧した場合等、サービスに接触した場合に、ユーザの履歴情報、例えば、Webサイトへアクセスした時刻、IPアドレス情報(※1)、ユーザエージェント情報(※2)、クッキー(※3)に書き込まれた情報、広告のクリック履歴やコンバージョン履歴(※4)、リファラー情報(※5)、広告識別子(※6)等を取得することがあります。
  • ※1 「IPアドレス情報」とは、インターネットやイントラネット等のネットワークに接続されたコンピューターに割り振られた識別番号をいいます。この識別番号から、ユーザがコンピューターを利用している地域を判定することができます。
  • ※2 「ユーザエージェント情報」とは、ユーザが利用しているブラウザの種類やバージョン、OSの種類やバージョン等の情報をいいます。
  • ※3 「クッキー」とは、Webブラウザを通じて閲覧者のコンピューターに一時的にデータを書き込んで保存させる仕組みをいいます。クッキーには、個別のユーザを区別するためのユニークなID等が書き込まれます。
  • ※4 「コンバージョン履歴」とは、Webサイトの運営者が目標とした成果である商品の資料請求や商品の購入等の履歴をいいます。
  • ※5 「リファラー情報」とは、現在閲覧しているWebサイトの直前に閲覧していたアクセス元のWebサイトのURLをいいます。
  • ※6 「広告識別子」とは、IDFAやAdvertisingID等、モバイル情報端末等を含む個別の端末を区別するための文字列でリセット(変更)可能なものをいいます。
  • (4)インフォマティブデータの提供
  • 取得したインフォマティブデータから推測される興味、関心、年齢層等の特定の条件によってユーザを分類し、この分類に関する情報(セグメント)を広告配信事業者、媒体社、広告会社、広告主などの提携先企業へ提供することがあります。当社が提供したセグメントは、ターゲティング広告の配信、リコメンド、広告メニューの開発、顧客・ユーザ分析などのために利用されます。
    なお、当社は、ユーザの同意なく、当社のセグメントを用いて特定の個人を識別することを認めていません。当社は、適用を受ける法令および当社の定めた基準を遵守する提携先企業に対してのみ、セグメントを提供します。
  • (5)オプトアウトについて
  • 本サービス内では、上記に該当する、ユーザへの効果的な広告配信及びサービス提供への利用のために、株式会社サイバー・コミュニケーションズが、米国「Krux社」の技術を用いた「クッキー」データの取得を行っております。
    この「クッキー」データを無効にしたい場合は、お手数ですが、下記サイトにアクセスして手順に従い、無効化してください。ただし、その結果、ウェブサイト上のサービスの全部または一部が利用できなくなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 米国「krux」社の「クッキー」データを無効にする
  • http://www.cci.co.jp/privacypolicy/optout/dmp.html
  • 3.本ポリシーの継続的改善
  • 関連法令の改正や事業内容の変更等に対応して、本ポリシーおよび本ポリシーに基づく社内規程類を継続的に見直し、改善に努めてまいります。

第7条(著作権等)

  • ユーザは、本サービスを通じて提供されるサービス、情報に関する著作権、商標権その他の知的財産権は、すべてサービス主体またはその関係者が許諾を受けている権利者に帰属していることを了解します。

第8条(サービスの変更・中止)

  • サービス主体は、オンライン上等での事前の告知の有無にかかわらず、サービスの全部または一部を変更あるいは中止することがあります。

第9条(終了)

  • ユーザとサービス主体(サービス主体のいずれかも含む)との間の携帯電話サービスの利用に係る契約等の、本サービスを利用する上で必要となる契約が解除、解約等により終了した場合、本サービスの提供も当該終了の日をもって自動的に終了するものとします。

第10条(ユーザ情報の利用)

  • 1.ユーザは、サービス主体(またはその一部)がユーザの本サービスの利用状況をユーザ個人を特定し得ない統計情報として利用する事をあらかじめ承諾するものとします。
  • 2.サービス主体(またはその一部)は、ユーザに対して、本サービスに関するアンケートを実施する場合があり、ユーザはあらかじめこれを承諾します。この場合、当該アンケートの回答等の各種情報に係る著作権、ノウハウ等の知的財産権は、サービス主体(またはその一部)に帰属するものとします。また、サービス主体(またはその一部)は、当該各種情報の内容(個人情報を除きます)について、公表する権利を有するものとします。
  • 3.サービス主体(またはその一部)は、本サービスの提供にあたり取得するユーザの情報について、本規約に定める他、サービス主体(またはその一部)が別に公表するプライバシーポリシーに従って取り扱います。

第11条(規約の変更)

  • 1.サービス主体は、本規約の内容を変更できるものとします。この場合、サービス主体はオンライン上で変更後の内容をユーザが閲覧可能な状態とし、それ以後ユーザが本サービスを利用したときに、ユーザが当該変更を承認したものとみなします。また、本サービスに関する運用規定またはその他の諸規定、利用条件等(以下「諸規定等」といいます)は本規約の一部を構成するものとします。
  • 2.本規約の定めと諸規定等との定めとが異なる場合は、当該諸規定等の定めが優先して適用されるものとします。

第12条(リモート録画予約機能)

  • 1.「リモート録画予約機能」とは、本サービスからパケット通信網・インターネット網を通じて、予めユーザが登録した対応機器への遠隔(録画・視聴)予約・取消機能・データ操作等を実現するものを指します。
  • 2.本サービスにおいて、対応機器へのリモート録画予約機能を提供しますが、ユーザは自己の費用負担において、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他の全ての機器、および電話回線利用契約等を準備するものとします。
  • 3.ユーザは「リモート録画予約機能」の利用に際し、本規定ならびに該当する対応機器の「利用規約」「取扱説明書」に予め同意の上、本機能を利用するものとします。
  • 4.ユーザは「リモート録画予約機能」を利用し、または本サービスを通じて提供される情報を利用して機器の操作(インターネットを通じた遠隔操作を含む)を行う場合、その完全性、機器対応性またはブラウザ対応性等が保証されるものではないことを認識し、予め了承するものとし、可能な範囲で当該機器の動作の確認等を行うものとします。
  • 5.ユーザは、ユーザが行った予約、予約された番組および対応機器から参照するデータ等の完全性に関して、サービス主体が一切責任を持たないことを認識し、予め了承するものとします。
  • 6.「リモート録画予約機能」では、利用する対応機器のネットワーク接続等を確認する際、対応機器を特定するために対応機器のID等を取得する場合があります。
  • 7.「リモート録画予約機能」では、携帯電話側で設定された情報を、対応機器の表示などで利用することがあります。また、対応機器での情報を携帯電話側での表示・操作などに利用する場合があります。
  • 8.「リモート録画予約機能」に利用した対応機器を廃棄、譲渡する際は、対応機器の各種設定情報の初期化をするものとします。
  • 9.サービス主体はユーザが以下のいずれかに該当する場合、事前に通知することなく、当該ユーザに対し本サービスの一部または全部の提供を禁止し、当該ユーザの利用資格を喪失させ、その他必要な措置をとることができるものとします。
  • (1)利用申込み時およびその後に虚偽の事項の申告をしたことが判明したとき。
  • (2)本規約または提携サービスに関し、提供者が定める利用条件に違反したとき。
  • (3)第3条の禁止事項を行ったとき。
  • (4)連続して1年以上本サービスの利用が行われないとき。
  • 10.「リモート録画予約機能」の利用解除については、本サービスならびに自己所有の対応機器から行うことが出来るが、解除に関して生じた諸問題について、サービス主体は一切関知しないものとします。
  • 11.本条に定める機能の提供および提供条件は、一部機種のみ対象となります。

第13条(準拠法)

  • 本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては日本法が適用されるものとします。
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、Gガイドモバイル、G-GUIDE MOBILE、およびGガイド関連ロゴは、米国Rovi Corporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 Gガイドは、米国Rovi Corporationおよび/またはその関連会社のライセンスに基づいて生産しております。 米国Rovi Corporationおよびその関連会社は、Gガイドが供給する放送番組内容および番組スケジュール情報の精度に関しては、いかなる責任も負いません。また、Gガイドに関連する情報・機器・サービスの提供または使用に関わるいかなる損害、損失に対しても責任を負いません。